2018 / 10
≪ 2018 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2018 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、若かりし頃の音楽との出合い(フィンランディア合唱版)について語ってしまいました。
調子に乗りついでにもう一つ語っちゃいます。

あ、管理人は難しいことはわからないので読んでも為になりません。
良い子はよそ様に為になるサイトが沢山あるのでそちらでお勉強してくださいね~~(^^)
暇な時間のあるオトナの人よかったら付き合ってくださいな(^^;)

組曲「ペールギュント」。
ノルウェーの大作曲家、エドワード・グリーグの代表作ですよね。
この作品、皆さんもよくご存じの有名な曲が幾つもあります。
(「朝」「オーゼの死」「アニトラの踊り」なんかは有名ですよね)

私が「ペールギュント」と出会ったのは小学生の時でした。
普通は「朝」や「アニトラ・・」ですよね。
でも私の場合は「ペールギュント」といえば「ソルベーグの歌」なんです。
なぜなら家にレコードがあったから(^^;)
しかもピンポイントでこの曲だけ。
(ちなみにその後「朝」は小学校の給食のBGMで出会ったなぁ。)

解説もちゃんとついてまして、確か
「いい加減で夢見がちなやんちゃ男ペール・ギュントが恋人のソルベーグを残して(置き去りにして)旅に出る。色々な目にあい歳をとって故郷に帰ってきたペールは自分を待っていた恋人ソルベーグの腕の中で永遠の眠りにつく。」
こんなところかな・・・。
(ウィキペディアで調べたらだいたいあってた。細かいところや表現は気にしないで・・・(^^ゞ)

この「ソルベーグの歌」はペールを待ちながらソルベーグが歌います。
レコードの解説にあった訳詩と同じものを見つけたので紹介しますね。
(注:レコードという表現から管理人の歳を類推しないように!)

-------------------------------------------------
作詞:ヘンリック・J・イプセン、作曲:エドヴァルド・H・グリーク
日本語詞:堀内敬三

冬は逝(ゆ)きて春過ぎて 春過ぎて
真夏も去りて年経(ふ)れど 年経れど
きみが帰りをただわれは ただわれは
誓いしままに待ちわぶる 待ちわぶる
あああ……

生きてなお君世に在(ま)さば 君世に在さば
やがてまた逢う時や来(こ)ん 時や来ん
天(あま)つ御国(みくに)に在すならば 在すならば
かしこにわれを待ちたまえ 待ちたまえ
あああ……
-------------------------------------------------

まだ子供だったので、これを「いいな」と何故思ったのかわからないのですが、妙に気に入ったのを覚えています。

今聴いても、もちろん美しい旋律・美しい曲です。

でもねぇ、ソルベーグさん。
なんでそんなに待ってたの?
白髪頭になるまで待ってるような男ぢゃないよ。
好き放題、勝手放題の人生で最後は故郷で白髪頭になるまで待っていてくれた恋人の腕の中で死ぬなんて美味しすぎる人生だ!

あ、ちなみに管理人は「ペールギュント」の戯曲なんて読んだことないので話半分で聴いといてくださいな(^^ゞ

とっても美しい「ソルベーグの歌」を見つけたのでよかったら聴いてみてください。





ブログ村で一位を目指そう!
このアバウトな練習日記をちょっとでも気に入ってくださったなら
ポチっと↓クリックよろしくですm(_ _)m
(特に団員のみなさーん、よろしくです)
にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ

この記事へコメントする















windmillensemble


「ウィンドミル・フィルハーモニー管弦楽団」は、山口県東部を中心に活動しているアマチュアオーケストラです。オーケストラだけでなく、弦楽合奏にも取り組み、地域に親しまれる楽団をめざしてクラシックからポピュラーまで演奏しています。

この下の"メールフォーム"からお問い合わせくださいm(_ _)m
☆一緒に音楽を    
   楽しみませんか?☆

見学、随時受付中!

♪ 弦楽器 急募!
(ヴァイオリン・ヴィオラ
・チェロ・コントラバス)

※全てのパートを大募集中!
♪ 管楽器(木管・金管)

現在、ウインドミル・アンサンブルでは全てのパートを大募集しております。
弦楽器(ヴァイオリンヴィオラチェロコントラバス)の経験者の方、大歓迎です。やってみたいと思われたら気軽にお問い合わせください。
またウインドミル・アンサンブルには管楽器(木管・金管)セクションもございます。こちらについては要相談承ります、興味がおありの方はお気軽にお問い合わせください。見学大歓迎です!
アンサンブル未経験でもアンサンブルに興味をお持ちの方も歓迎です(^^)。
当楽団はアットホームな雰囲気を大切にしている楽団です。私達と一緒に音楽を楽しみませんか?

おやつ好きの方大歓迎!

興味をお持ちの方は下のメールフォームからお問い合わせくださいm(_ _)m

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。